脱毛サロンにはじめていく方も安心頂ける体験談を掲載しています。

医療脱毛には、どんな種類があるの?

img_2

医療脱毛とは、その名の通り病院やクリニックで受ける脱毛の事を指しています。エステサロンの脱毛と良く比較される事があるのですが、永久脱毛やレーザー脱毛が出来るのは、これら医療機関だけに認められた事です。

一般的にエステサロンで使われているものは、出力を弱めたフラッシュ脱毛などが主流となっています。

反対に、医療脱毛で使われるのは「医療用レーザー機器」になります。この機器を取り扱い、施術が行えるのは医師にしか出来ない事です。また、助手や看護師さんがケアする訳ではなく、肌トラブルが起こった場合でも、すぐに治療をしてもらえるというメリットが大きいです…。

医療脱毛で使われる機器には、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、そして、ロングパルスヤグレーザーなどの脱毛機器が広く知られています。痛みが少なく、産毛までしっかり施術が出来るのはダイオードレーザーです。

ダイオードレーザーよりも効果の強い機器がアレキサンドライトレーザーと呼ばれるものです。ただし、アレキサンドライトレーザーは、若干痛みを伴う事があるので、皮膚が敏感な人の場合はダイオードレーザーで施術を受ける方が良いでしょう。

最後のロングパルスヤグレーザーは、主に男性の脱毛に使われるマシンです。濃いムダ毛やヒゲなど、肌の色に合わせず施術が出来るのがポイントとなっています。

複合機として登場した、新しい医療脱毛レーザー

最近では、医療脱毛において新しいマシンが次々に導入されています。エリートというマシンは、アレキサンドライトレーザーなどの長所を併せ持った脱毛機器です。そして、コメットという機器はダイオードレーザーに高周波の治療を可能とした、全く新しい医療脱毛装置になります。

フォトRFについては、レーザー脱毛機器ではなく、光エネルギーと高周波を組み合せた、今までに無い全く新しい医療脱毛機器として、注目を集めています。

関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

タグ

ページ上部へ戻る